北洲ハウジングで家を建てる!?

マイホームを建てていく経過を綴ります

たくさん展示場を巡った話

北洲ハウジングのオーナー様たちは、どのくらい北洲の物件を見て、契約を決めたのだろうか。


我が家は、多めではないかと思う。

グッドエイジングツアーの他にも、引渡し直前見学会、オーナー宅邸見学にも参加した。

一般のお宅は五軒見させていただいた。


外観だけであれば50軒くらい目にしているような気がする。


展示場については、7軒伺った。


北洲の建物と言えば、本社にも足を運んだ。


こんなに見ていれば、どう考えても北洲の物件に惚れてると思われるだろう。

それでも悩むのが住宅購入。


予算と理想の兼ね合いが本当に難しい。


展示場7軒のうち、1軒はプレミアムパッシブハウス(PPH)だ。


「未来の家」という印象。

トリプルガラスだって珍しいのに、5枚ガラス。

断熱材が豪華で、壁は見たこともない厚さだった。

北洲の家は、タイル、黒のサイディング、白の塗り壁のイメージだ。

PPHは黒っぽい塗り壁だった。

なんだか強そうな家だった。


厚みがなくても断熱性能に優れている断熱材が開発されて欲しい。

厚みは心強くもありますが、「ほどほどがいいな」とも思ってしまった。