北洲ハウジングで家を建てる

マイホームを建てていく経過を綴ります

我が家のプラン(間取り)

引続きプランの話。


今回は間取り。


玄関は北東側。

風水上は北側は良くないようだが、気にしない。

私たちの土地の向きや形状からして、玄関は北側でないと変だ。


聞くところによると風水を軸に家を建てる方も多いらしい。

すごく大変そうだ。


玄関入って東側がシューズルームになっている。

アウトドアが趣味であり、靴も溜めがち。

また今後は子供も・・・と考えており、大きめのシューズクローク、またはシューズルームを依頼した。


玄関入って正面にはアクセントウォールとして木が貼られるとのことだった。

ここには絵やポスターを飾りたい。

この要望からの提案だろう。


玄関上がって、廊下を進むと8畳のリビングだ。リビングが東側。

平屋の方の区画が丸々リビング。

勾配天井の板張りとなるそうだ。

ここはオットこだわりのシアタールームも兼ねている。

テレビボードも造作で木製の物だ。

テレビの上の天井はスクリーンが隠れるようになっている。

リビングの窓は二面。東側と南側。

南側はウッドデッキへと続く掃き出し窓だ。

共に木製窓での提案だった。


扉は無いものの、リビングは壁で仕切られており、落ち着きのある空間を目指してくれたようだ。


リビングを抜け西側に進むと5.5畳のダイニングがある。

ここにも木製窓が南側に。

北側は階段の壁になっている。

ここには壁掛タイプのテレビがつく想定だ。

階段下は収納になっている。


さらに西側に進むとキッチン。

約7.5畳。窓は南側に小振りな一枚とキッチンからの勝手口が南側に一枚。


キッチンにはモザイクタイルの造作がつけられるそうだ。

北洲の展示場で見かける感じだろうか。

そしてハイカウンターもついている。


私はお酒やカフェタイムが好きだ。

オットと家カフェや家飲みを楽しむため、要望した。

一番西側にパントリーと食器棚がある。

パントリーは一面タイプとなった。

出来る限り収納を取ってほしいと依頼した。


北西に主寝室。

西面はクローゼットだ。

ウォークインクローゼットは便利かもしれないが、人が通るスペースのために収納効率が悪くなるような気がして、普通のクローゼットにしてもらった。


水周りは北側中央に寄っていた。

洗面は廊下に置かれている。


来客の際には、洗濯機や脱衣所を見せずに洗面を利用してもらうことが出来る。

玄関すぐにあるので、子供の手洗い習慣教育にも良いという意見があるそうだ。


トイレは洗面のすぐ横だった。


脱衣所にはホスロンがつく。

竿2本分だ。

洗濯物は概ね室内干しになる想定だ。


お風呂は至ってノーマルなユニットバスだ。


階段は家の中央に。

玄関(北側)から登る。

リビング階段の憧れがあったが、提案されなかった。

土地のサイズと要望からいっても難しいとは感じた。

いわゆる回廊型の提案だった。


二階の間取りはかなりシンプルだ。

階段南側にオットの書斎。


階段北側は収納部屋。

階段正面は14畳の子供部屋。

子供が2人になれば、間仕切りで2部屋にする予定だ。


外観も内観も悪くなく、気分が高鳴ったのを覚えている。


ただ、とても高かった。

予め伝えていた予算に対し+600万円という衝撃見積りだった。

我儘いっぱい言ってしまったのがいけなかったのだろう。

何にいくら発生しているのか分からない事が多い。

それは打合せを重ねていて時々不安になる。聞けば教えて貰えるのだが、どんどん出てくるのでキリがないのだ。


今後、北洲ハウジングで家を建てる方は、設計契約前に家を建てる事の勉強を沢山し、事前に不安を消し去っておくことをオススメする。