北洲ハウジングで家を建てる

マイホームを建てていく経過を綴ります

キャンペーンの話

私が北洲ハウジングについて調べたところ、

こちらのメーカーはほどんと割引しないことが分かった。


某Sハウスは7,000万円相当の展示場を4,000万円で売ると言ってたそうだ。

オットの友人談。


他のメーカーではキャンペーンや割引の話がよく出てくる。

決算!という単語とセットで。


北洲ハウジングの担当営業には、最初に「うちは割引しないんです。元々原価が高いので・・・」といった説明を受けた。


現在は「プレミアムパッシブハウスキャンペーン」を珍しくやっている。

上限100万円分まで、対象オプション分が割り引かれるというものだ。


無料でアップグレード出来るということらしい。  


対象オプションは、以下の3つ。

エコなウォール(蓄熱塗り壁)2,021㎡以上、

D-FENDTER(木製窓)4窓以上、

外付け電動ブラインド


E1シリーズ(W断熱=アルセコ使用)でないといけない。


制約事項は8月末までに施工契約をしないといけないということ。


我が家は北洲ハウジングの性能に純粋に惹かれた。

一方で「でもお高いんでしょ?」と。


そういう警戒感というか、諦め感があった。


そんな中、このキャンペーンだ。

全国で50組限定。

なかなかレアな割引。


「そんなに気に入っていただけているのであれば、キャンペーン利用を前提として設計契約をしてみませんか?」と提案を受けた。


「設計契約までで解除することもできるし、お客様に損はないと思います」との事でした。

※実際には地盤調査などに発生した費用は顧客負担になる。

※作成してもらった図面を他社に持って行くようなことをすれば、全額(54万円)顧客負担となる。


契約は契約。

すぐには決められず、一旦持ち帰った。


1週間悩んで、設計契約を結ぶことに決めた。


契約の場で確認した。

8月末までに契約に至らなかった場合、どうなるか?


インテリアなどが決められず、予定通りにいかなかった場合は本社に交渉となるようだ。

数週間程度であれば受容してもらえそうだが、それ以上は難しいという印象。


8月まで必死に考えないといけない。


何はともあれ、こうして5月頭に北洲ハウジングと設計契約をした。


キャンペーンを利用する都合上、

E1アルザス、木製窓、エコナウォールでの提案になるとのことだった。