北洲ハウジングで家を建てる

マイホームを建てていく経過を綴ります

土地の視察結果と仮見積り

グッドエイジング体感ツアーの前に、担当営業による土地チェックがあった。


「土地がある」と伝えると、たいていメーカーは見に行く。

また、ある程度の情報を調べてくれる。

登記情報など。

 

三社ほど土地を見に行ってくれたようだ。

今住んでるエリアと家を建てるエリアにだいぶ距離があるので、通わせるのは申し訳ない気がする・・・。


ここまでされると気まずい気もする。

でも家を建てたい気持ちは本当だ。

どこか一社でしかお世話になれないというだけだ。


土地のチェックの後、どんな家が建てられるのか目安の情報を伺える。


北洲ハウジングの営業は、ある平日の夜遅くにやってきた。

我が家は共働きで、夜遅くにならないと在宅しないからだ。

「本当に来たぞ!!」と内心驚いた。


また、渡された資料も素晴らしいものだった。

北洲ハウジングの好きなところは、資料が分かりやすい点だ。

余談だが、嫌な点は「やる」と言ったことをやらない事があるところだ。

これは我が家の担当営業の話。


しかし、彼のライフスタイルを察するに長時間労働、かかえる客の多さ・・・

仕方ないのかもしれないと感じる。

頑張ってくれていると見受けられるので、嫌いだけど許せる。

家を建て進める中においては、忘れ物がないように願いたい。


資料の話に戻ろう。

他のメーカーでは、登記簿のコピーを見せられながら話された。

北洲ハウジングでは、登記内容だけでなく地域の情報なども含めてオリジナルフォーマットに綺麗にまとめられていた。

またこの土地に北洲の家を建てた場合の所感を書いた手書きの手紙も同封されていた。


「丁寧に暮らす」ことを目標にした顧客をターゲットにして、丁寧に作業しようという会社の姿勢なんだと感じた。


グッドエイジングツアーの後には、担当営業の上司も交えて、仮見積りが提示された。


希望サイズ(35坪)の家の間取り2種を見せられた。

5シリーズでの見積りだ。

アルザス(大屋根)タイプ。

それぞれシングル断熱の見積りとダブル断熱の見積りが提示された。


本体価格が2,300万円から2,700万円だった。

総費用は2,800万円から3,200万円ってところだった。


当初の予算は2,000万円(総費用)で、ローコストメーカーでいいと思っていた私たちは青い顔になっていたた思う。


「無理だろ」と心の声で呟いた。